お金

便利な法人カード|利用方法には注意しよう

不動産を担保とする

男性

不動産担保ローンは主に銀行が扱っており、カードローンや住宅ローンとの併用で金利が下がるサービスを行っている事があります。なぜ不動産担保ローンに注目が集まっているのかというと人気のカードローンと差別化が出来ているためです。

お金を借りたい時には

お金

キャッシングの申込はインターネットからでも可能です。また、審査方法や金利は金融機関によって異なります。その他サービスも違うので、自分に適したキャッシングを見つけることが重要となります。借り方によっては金利はとても重要なウエイトを占めます。

早く融資を受ける方法

男性

急な出費が発生した場合、申し込んだその日に融資を受けられるものが、即日融資である。即日融資を受ける場合には、期限が設定されている場合が多いため、その期限の確認が重要になる。また、ネット申し込みの利用の方が早いケースも多い。

企業では便利

財布

会計処理が楽に

法人カードは、クレジットカードの中でも会社などの法人に向けて発行をされるカードで一般の人に発行されるクレジットカードとは性質の異なる部分が多くあります。例えば、1つの口座から引き落としをするカードを複数枚作ることが可能です。そのため、会社に勤めている人何人かが法人カードを持ち歩くことが可能になっています。また、利用することができる限度額も個人のカードより大きい金額に設定をされています。他にも利用明細が複数の法人カードを利用しても1つの用紙にまとめて計算をされて出てきます。企業として税金を納付する際や売上金額を計算するときの会計処理時においても1つにまとめらているので分かりやすく処理がしやすい特徴があります。

すみ分けが大切

法人カードを利用するときに気をつけておかなければいけないのが利用方法です。法人カードの場合、あくまでも会社で利用するものまたは会社として必要であるための利用したものの支払いに利用できます。個人的なものを購入してしまうとあとで監査があったときに非常に面倒なことになります。税務署などはこうした法人カードの利用状況に関してはかなり詳しくチェックをしていく傾向があります。このチェックの際に不正の利用があるようなときには監査の対象となってしまいます。いつどのようなものを購入したのかはカードの利用明細をみればすぐに分かりますが、何の目的に購入をしたかということまで記録をしておくと法人カードに関する監査があっても安心です。